活躍の場は増え続ける

リハビリを行っている場所としてイメージするのは病院や診療所ではないでしょうか。ですがこの他にも、利用者が可能な限り自宅で自立した生活を送ることができるように支援を行う通所リハビリテーションや訪問リハビリテーションなどでも理学療法士によるリハビリが行なわれています。病気やケガそのものが回復して残りはリハビリのみとなれば病院や診療所よりも、こういった施設の方がよりリハビリに向いていることも多くあります。病院や診療所、リハビリ施設などが理学療法士が主に活躍する場です。また病院やリハビリ施設の他にも、市町村の保健センターや障がい者福祉センター、特別支援学級などで活躍している理学療法士も存在します。行政、民間、地域など様々な場所で理学療法士が活躍しています。

リハビリという観点から障がい者や高齢者と深い結び付きがあるように感じるのが理学療法士ですが、リハビリだけではなく健康増進やスポーツ医学、スポーツトレーナーなどの分野にも活躍の場が広がっており、病気やケガによる障がいは一部の人のものという認識から、誰にでも起こりうることとして受け止められつつある中で、今後もますます活躍の場は広がっていくのではないでしょうか。