理学療法士の仕事内容

運動機能の回復のスペシャリストとしてリハビリを行う場で活躍しているのが理学療法士です。フィジカルセラピストとも呼ばれており、ケガや病気などで身体に障がいがある人や今後障がいが起こる可能性がある人に対して、座る、立つ、歩くなどの基本的な動作の回復や維持を促し、さらに障がいが悪化しないように支援を行っています。

障がいが残ってしまうようなケガや病気であればそんなに関わることもないだろうという人もいるのですが、身近なところでは骨折や外傷後に早期に関節の運動や筋力のトレーニング、松葉杖での歩行を行うこともリハビリの一貫であり、これらのトレーニングに関わっているのも理学療法士です。理学療法士が関わるリハビリの対象となるのは中枢神経疾患や整形外科疾患、呼吸器疾患、心疾患、内科的疾患や体力の低下など多岐に渡ります。基本的には運動療法が取り入れられているのですが、場合によっては温熱や電気などの物理的な手段を利用してリハビリを行う場合もあります。

理学療法士は国家資格であり、資格を取得することで理学療法士としてリハビリの現場に携わることができます。医療や介護の現場で理学療法士がリハビリを行う際には医学的な視点だけではなく社会的な視点から身体の能力や今後の生活環境などを考慮して適切なリハビリのためのプログラムを作成します。