理学療法士の仕事とは

病気やケガなど何らかの理由で体の機能や能力が低下した状態を改善し、社会復帰をするために取り入れられているのがリハビリテーションです。リハビリと言われることも多く、病気やケガをする前と同じ様な感覚を取り戻すことが難しくても、リハビリを続けることで元々の感覚に近い状態に戻すことが出来れば、介護や介助を必要としなくても日常生活を送ることができるようになるなどのメリットがあります。

リハビリと一言で言っても、主に体の機能を回復するためのリハビリと病気やケガをする前に近い状態で日常生活を送ることができるようにするリハビリ、そして運動機能ではなく声帯や聴覚の機能の回復を行うリハビリがあります。リハビリは大きく3つの種類にわけることができますが、それぞれに専門的な知識と資格を持ったリハビリの専門家が存在します。

主に体の機能を回復することを目的としているのが理学療法士、日常生活を送るための訓練を目的としているのが作業療法士、そして声帯や聴覚の機能を損なった人の障がいを軽減させることを目的としているのが言語聴覚療法士です。リハビリを行う専門家として医療施設や介護施設などで活躍しているのですが、当サイトでは、基礎的な運動機能の回復を目的とする理学療法士について解説します。理学療法士という資格を持った専門家がどんなリハビリを行うのか、またどんなところで活躍しているのか、理学療法士について気になっているという人は是非参考にしてください。